Top > 主婦湿疹とは? > 主婦湿疹の原因

主婦湿疹の原因

主婦湿疹のおもな原因は以下のようになっています。

▼ 原因

水やせっけん、洗剤を頻繁に使用することで、手指の皮脂バリアが壊れてしまいます。

そこに洗剤などに含まれる合成化学物質が侵入し、さらに摩擦や乾燥などの負荷が加わると、角質が水分を保つ力をなくしてしまい、カサカサの皮膚になって主婦湿疹をひき起こすと考えられています。

▼ なぜ手のひらだけに?

人間の皮膚の下には毛を包む毛包と呼ばれる場所があります。そして、この毛包には皮脂腺という組織がくっついています。皮脂腺から出る皮脂と汗腺から出る汗などの水分が混ざり、皮膚を乾燥から守るしくみになっています。

しかし、皮膚を乾燥から守ってくれる毛包や皮脂腺が手のひらにはありません。そのため、皮膚に潤いを与える皮脂が少なく、乾燥しやすくなり主婦湿疹になってしまうのです。

▼ なぜ冬場に起こりやすい?

気温が低くなると、発汗や皮脂の分泌が低下するため、皮膚全体が乾燥するためです。

また、一般的に、冬場は油を使う料理を食する頻度が高くなる傾向にあり、食器を洗う際に洗剤の量も増えますし、台所仕事や入浴などで使うお湯の温度が高くなり、少ない皮脂をさらに取り去ってしまうことも主婦湿疹の要因と考えられます。

洗剤などで油分を分解してしまう時に、食器の「油汚れ」だけではなく、自分の手のひらの「脂分」までも落としてしまうことになってしまうのです。

▼ どんな人がなりやすい?

家事の方法や量、食生活、体質などの違いによって、主婦湿疹にかかる人とかからない人がでてきます。下記の項目に普段の生活の中であてはまる行動がありませんか?

・ 洗剤やせっけんを使う家事(炊事や洗濯など)の量が多い。
・ 脱脂力の強い洗剤を使っている。
・ 脂っこい食事が多いために、後片付けの食器洗いに時間がかかる。
・ ハンドクリームなどで保湿しない。
・ 育児中でハンドクリームを頻繁に使用できない。
・ 洗髪の際のシャンプーの量が多い。
・ 紙や布地をあつかう機会が多い。

主婦湿疹とは?

主婦湿疹とはいったいどういうものなのか?原因はなんなのか?ということについて説明しています。
関連エントリー
意外な原因とは? 起こりやすい環境や状況 主婦湿疹の原因 主婦湿疹ってどんなもの?