Top > 主婦湿疹の予防 > 洗剤を切り替えること

洗剤を切り替えること

主婦湿疹の特徴は、洗剤に触れる部分に起こること。つまり、洗剤に触れないようにすることが予防策の一つと考えられます。

ゴム手袋をはめることで、直接触れないことも重要ですが、普段使っている洗剤の成分を確認し、洗剤を切り替えることも必要と思います。

まず、合成洗剤は避けたほうがよさそうです。合成洗剤に含まれる界面活性剤・香料・漂白剤・柔軟剤・蛍光剤などは肌に優しくないばかりか、人体への影響も問われていますよね。

石けんや植物性の洗剤を選ぶようにしましょう。あと、重曹やセスキ炭酸ソーダ、炭酸ソーダといったアルカリ剤と、お酢やクエン酸を使うこともいいといわれています。

また、シャンプー・リンス・ボディシャンプーなども、合成界面活性剤不使用のものに切り替えたほうがよいでしょう。

整髪料や基礎化粧品についても、使用していて「手にしみる」と感じた場合は、何か余計な成分が入っていることが多いので、自然成分のものに変えたほうが、手ばかりでなく肌によいのではないでしょうか。

洗剤類ではありませんが、アクリルたわしは手にも環境にもいいです。軽い油汚れくらいなら、古くなったTシャツなどを小さく切ったもので拭き取った後、温水とアクリルたわしだけで十分落ちます。

ひどい油汚れは、重曹をふりかけてしばらくおいてから、アクリルたわしでこするか、石けんをつけて洗うといいです。

他にも、水道水の塩素除去対策に、浄水器の活用やシャワーヘッドの取り替えなどもやってみるといいと思います。

主婦湿疹の予防

主婦湿疹を予防するための方法について説明しています。
関連エントリー
水仕事の時は必ず手袋をする 就寝時にもしっかりケア 食生活を見直そう 洗剤を切り替えること 水仕事の仕方を見直そう