Top > 主婦湿疹の薬 > ステロイドと副作用

ステロイドと副作用

主婦湿疹の治療では、炎症症状がみられる場合や症状の強い場合に、ステロイドが入った塗り薬を用いることが多いです。

私は亀裂がみられる時期がありましたので、ステロイドをふくんだテープ剤と軟膏を一時期使っていましたが、私自身ステロイドに対して「あくまで応急処置」と納得して使用しました。

と、言うのもステロイドは皮膚への負担が大きく、副作用の心配があったからです。

▼ ステロイドとは

副腎という臓器から分泌される「副腎皮質ステロイドホルモン」のことです。ステロイドには強力に炎症を抑える作用と免疫の働きを抑制し、アレルギー反応を抑える作用があります。

▼ ステロイドの副作用

・ 皮膚萎縮
・ ステロイド潮紅
・ ステロイド紫斑
・ 毛細血管拡張
・ 多毛
・ 感染症の誘発、悪化
・ 副腎皮質機能低下

など・・・。

▼ 上手な使い方

必要な時に必要なだけ必要な場所に必要な期間使うと大変有効な薬ですので、使用方法を守り正しく使うことが大事です。主婦湿疹への使い方としては、良くなったらすぐに止めるのではなく、徐々に量を減らしながら止めていくとが再発しにくいようです。

医師からのアドバイスを守り、自己判断で塗布を中断したり、塗布する量を変えたりしないようにしましょう。

「どうしてもステロイドは使いたくない」という場合には、医師に相談することが先決ですし、ステロイドを使用しない皮膚科もありますので、初診の際にあらかじめたずねておくことが大切かもしれませんね。

主婦湿疹治療で、ステロイドを使用するとわりと早く効果があらわれますが、これだけでは完治は難しいです。生活習慣や水仕事の改善をメインに、ステロイドはあくまでも一時使用と考えた方がいいと、私は思います。

主婦湿疹の薬

主婦湿疹の治療につかえると思われる薬について説明しています。
関連エントリー
保湿剤でデイリーケア 漢方で体質改善 ステロイドと副作用