Top > 主婦湿疹の対策 > ストレスと症状の関係

ストレスと症状の関係

主婦湿疹の多くは、洗剤・お湯・水・紙などに原因がありますが、ストレスが原因になったり、症状を悪化させることも否めないと思います。

実際に「仕事をやめたら症状が軽減した」「しっかり睡眠をとるようにしてから手指の様子がいい」などという話も耳にしますし、私自身、二男を出産した後、乳児と新生児の育児や経済的な不安などから、ストレスを溜めこんでしまった時期があり、このころは亀裂を生じるなど、かなりひどい症状になっていました。

ただ、家族が増えた分、水仕事の量も増えたこともありますが・・・。

ストレスは、自律神経やホルモンバランスにも影響を与えます。特に女性は、体内ホルモンの影響を受けやすいので、ストレスがたまると、肩こり、食欲不振、頭痛、円形脱毛症などの症状があらわれることがあります。

また、ストレスがたまると、心やからだだけではなく、肌にも悪影響が出てきます。皮下の血液の循環が悪くなったり、免疫機能が低下するが主婦湿疹の症状にもにも反映されるのではないでしょうか。

イライラする、寝不足でぼーっとする、落ち着かない、緊張して寝付けない、こうしたストレスが関係している症状は、肌にとっても良いものではありません。

気忙しい日々の中で、ストレスを少しでも軽減できるように、家族や周りの人たちにも協力してもらいながら、手指だけでなく、「ややぬるめのお風呂にゆっくりつかる」「仕事の量を減らす」「睡眠をとる」などの自分ケアを心がけてみることも主婦湿疹の予防や治癒につながるのではないなかと思います。

主婦湿疹の対策

主婦湿疹の対策について説明しています。
関連エントリー
酵素ファスティングで手湿疹が治った友人の話 ストレスと症状の関係 ラテックスアレルギー ビタミンでお肌ケア 綿手袋を使いこなそう