Top > 主婦湿疹の治癒時期 > 主婦湿疹の経過をたどってみた(前編)

主婦湿疹の経過をたどってみた(前編)

私の主婦湿疹は、育児を始めてから発症したと記しましたが、育児日記に自分の手の様子を書き残している時期がありましたので、こちらを体験記としてご紹介したいと思います。

4月17日
母の協力もあり、どうにか1ヶ月が過ぎた。特に問題なく育っている様子で嬉しい。こんな私でも子育てができた!そういえば、ここ数日人差指と親指の皮がむけてしょうがない。あと、指と指の間がカサカサだ。

洗い物をする頻度が多くなったせいなのかも? 洗剤が合わないのかな?ハンドクリームを使えないので、出産直後に乳首に塗っていた「馬油」を塗って様子をみてみよう。これなら子どもの口に入っても安心! 治ってね~。

5月5日
初節句。といっても彼には何も分らないんだろうな。気持ち良さそうに眠っている。おめでとう、こどもの日。元気に育ってね。

そういえば手先の荒れはひどくなる一方。馬油で潤っているようには見えるけど、やはり頻度の高い洗い物がネック。いろんなことが2倍かかっている気がする。疲れもピーク。

6月25日
子どもの3ヶ月検診の際に、自分の手のことも相談してみた。「手湿疹」と言われた。皮膚科に行ったほうがいいらしい。

7月2日
「主婦湿疹」と診断された。けっこうやっかいな手荒れで、治るのに時間がかかるとも言われた。ガーン!塗り薬を処方してもらったが、改善しないようであれば少し強い薬に変えるとのこと。

ゴム手袋を使うように勧められた。最近ではとても薄いタイプのものもあるようなので、次回オムツを買いに行った先にドラッグストアで買おう。して、原因は何なんだろう?

主婦湿疹の治癒時期

主婦湿疹の治癒にかかる時期について説明しています。
関連エントリー
主婦湿疹の経過をたどってみた(後編) 主婦湿疹の経過をたどってみた(前編) 症状から手指を守ろう どのくらいで治るの?