Top > 主婦湿疹の治療 > 主婦湿疹のデイリーケア

主婦湿疹のデイリーケア

主婦湿疹を改善するためには、日頃のケアは欠かせません。

水仕事をするときはゴム手袋を使用し、使合成洗剤を使用している場合には、弱酸性の石けんに変えるなどの工夫をし、水仕事がおわったら、手をしっかり洗い、ハンドクリームをつけることを習慣づけるようにしましょう。

ケア用のクリームは医師から処方されている保湿剤を使用してもいいですし、市販のハンドクリームや保湿剤で何ら問題ありません。外出用、台所用、リビング用と何本か用意しておくと便利です。

保湿効果の高いヒアルロン酸や尿素、肌に対して低刺激のワセリンやグリセリンが成分として配合されているものがオススメです。

つける際にすりこんで刺激を与えることがないように気をつけましょう。入浴後のケアは、体が冷めてしまわないうち(お風呂上がりから15分以内くらい)にケアすると効果的です。

就寝時には、ハンドクリーム(保湿剤)を塗ったら、綿の手袋をはめましょう。乾燥を防ぎ、クリームの浸透力を高めてくれます。

私の場合、保湿剤は白色ワセリンや馬油を使っていました。また、亀裂がみられた時期には、ステロイドを含んだテープ剤を処方してもらい、就寝時に使っていました。

また、主婦湿疹の炎症に対抗するために体に抵抗力をつけることも大切です。

・ バランスのとれた食事をきちんと摂る。
・ 適度な運動を行う。
・ 十分に睡眠をとる。

手指のケアだけでなく、体調にも十分な気配りをすることも、主婦湿疹の改善には重要と思います。

主婦湿疹の治療

主婦湿疹の治療について説明しています。
関連エントリー
うるおいのスキンケア 主婦湿疹のデイリーケア 皮膚科での治療